怖い性病!予防するためのポイントを押さえておこう

不特定多数との関係はダメ

性病は、軽いものから命に関わるものまで、多種多様です。性病にかからないためには、性行為を行わないことが確実ですが、人間は子孫を残すために性行為をするという本能として性欲があるため、現実的ではありませんよね。確実に防ぐためには、不特定多数との性行為を行わないことがまず大切です。性接触する人数が多ければ多いほど、性病に感染した人と接する可能性が高まるので、できるだけ信頼できるパートナーと行うことが大切なのです。

コンドームを着用するのは当たり前

性行為を行う際、コンドームを着用することは大前提です。しかし、近年では、口によるオーラルセックスなど、性器以外への性交も一般化してきているので、クラミジアや淋病といった性病が流行してきています。性器だけではなく、他の部分への感染を予防するためには、性器以外への性交も行わないことが大切です。また、コンドームの使用だけでは予防できない性病もあるため、相手が性病に感染していないかどうかもとっても大切です。

相手が性病感染者がないことが重要

性行為を行う相手が多いほどコンドームの着用率が低いというデータがあります。さらに、不特定多数の人と性行為を行う人は、性病に感染している確率が高いこともわかっています。不特定多数と性行為をしている人は、性病に感染していることが多いと言えるので、そのような人と性接触しないことはとても大切です。性病は、コンドームの正しい使用や乱れた関係を持たないことで防ぐことができます。また、万が一心配な場合は医療機関にかかり、適切な治療や検査を受けることも大切ですよ。

性病の予防には、コンドームをつけることが大切です。最近ではオーラルセックスを行なう人も増えていますが、口からも感染することがあるので注意が必要です。