包茎って治さなくても良いの?包茎を治さなくても良いケース

日本人に多い包茎とそのタイプ

包茎には日本人に多いと言われています。海外の場合は、遺伝的にそのような包茎になりにくかったり、早い段階で割礼などを行うことで、包茎の方が少なくなっています。データでは、日本人の6~7割の男性の方がいわゆる剥けていない状態だというデータもあり、もはや包茎は日本人男子が抱えるコンプレックスの原因の一つでもあります。そして、そんな包茎にはいくつかタイプがあり、現在はカントンタイプや真性タイプといった種類があり、場合によっては治療が必要です。

包茎手術をしなくても良い包茎のタイプ

特に性交渉の時に支障が出てくるのが、そのカントンタイプと真性タイプの包茎です。カントンタイプの場合は、勃起をすると痛みが出る事も多く、そのまま性交渉をすると出血をしてしまう方もいます。なので、基本的にはそれらの包茎の方は、治療も考える事が重要です。ただ、一つだけ包茎治療を行わなくても良いと言われている包茎があり、それが仮性包茎となっています。理由は仮性包茎は通常時は包茎ですが、勃起をすればちゃんと亀頭が出るので、性交渉の時にも問題にならず、洗うことで清潔な状態を保てるからです。

仮性包茎の方が気をつけるべきこと

仮性包茎は絶対に包茎治療を行う必要も無いのですが、それでも普通の剥けている状態の人とくれべれば、包皮が被っている状態ですので不衛生になりがちです。なので、それが原因で病気などにならないように、お風呂に入った時には自分で剥いてから綺麗に汚れを取るようにしましょう。特にカリの部分は汚れがたまりやすいので、重点的に洗うことが大切です。仮性包茎は手術などは不要ですが、日常のケアは怠らないようにして行きましょう。

包茎というのは、亀頭が皮に隠れてしまっている状態のことを指します。正常に性交ができなかったり、衛生的に不潔になったりするので、治療が求められます。